« タマ駅長がニタマ駅長になっていた。 | トップページ | セブンイレブン貯金箱 »

2012年5月21日 (月)

新和歌浦小唄

1 背伸びしたとてたかつしやまで

恋し大阪見えわせぬ

夢で逢いたや 逢いたい人よ

せめて一夜の泊り客

しんしんとろーりと新和歌浦。。いつもとろりと波の音。

2 婿になりたや嫁子はないか?

浮世忘れの宿ばかり。

行きは楽しい南海電車

いっそ帰りがなけりゃ良い

しんしんとろーりと新和歌浦。。いつもとろりと波の音。

3 女島男島が双子を抱いて

睦まじいぞと雑賀崎

負けちゃなるまい蓬莱岩で 恋をささやく二人連れ

しんしんとろーりと新和歌浦。。いつもとろりと波の音。

========================

Wakaura

ホテル萬波からの絶景。

高校生までにはこの歌を歌えた。

盆踊りの時に歌ったことがあるからだ。

大阪に来てから忘年会で(何か?)と言われた歌ってもだれも知らない。。

新和歌浦が全盛期だったころ

芸者さんもいたんだろうなあ?この歌は芸者さんの歌だと聞いていたが。。

今は昔だ。。全盛期の面影はあるんだが。。絶景だから復活してほしいものだ・。。

http://santa-studio.com/index.html

|

« タマ駅長がニタマ駅長になっていた。 | トップページ | セブンイレブン貯金箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120043/54763120

この記事へのトラックバック一覧です: 新和歌浦小唄:

« タマ駅長がニタマ駅長になっていた。 | トップページ | セブンイレブン貯金箱 »