« どら焼-ことらや | トップページ | 二日連続トンカツ »

2008年10月11日 (土)

すい臓がん手術

Sui すい臓手術のレクチャーを受けた。

すい臓って胃の後ろの方にあって、背骨との間にあるらしい。

お腹を切って、前面にある胃や大腸をどける。

そうするとすい臓がみえるらしい。
ヨコに細長いもの。。写真ではトウモロコシのようだ!

すい臓は一方は一二指腸につながっていて、すい臓からでるすい液を十二指腸におくる。
これが食べ物やその他の消化液を分泌する働きをする。

反対のほうには脾臓がついている。

すい臓を切れば脾臓(ひぞう)も無くなる。

これを切ればどうなるののか?

すい臓の働きは食べたものの消化酵素をだす。血糖値を調節する働きがあるらしい。

よく聞くインシュリンもここで作られるらしい。

インシュリンが作られなくなると血糖値が下がり糖尿病になる。

脂っこいものや食事もたくさん食べられないらしい。

手術はすい臓の真ん中にガンのようなものが見えるので切り取る。

ペット検査やCTでもくわしいことはわからないらしい。

開腹をしてから調べる。

真ん中だけだが真ん中を切り取ってつなぎあわすことは出来ないので、端から3分の2を切る。

切り口は縫うらしいのですが、すい管の細いところまで縫うことは出来ないので、すい液がもれるらしい。

このすい液は少しならいいのだが、たまると危険なので、管を入れておいて漏れ状態を調べるらしい。

この回復状態(もれなくなれば)が一番大事!

それによって退院できるかどうか?が決まるらしい。。早ければ10日。おそければ1ケ月とか。

でも、本当はその人の生命力。生きようという力だ。病院の先生がいい腕でも、本人の回復力だ。

=============

で、手術の時間は3時間ほどの予定だったが、胆石もあったので胆嚢も取る。

Tanseki コップに入っているのが胆石2ケ。大と小。

全部で4時間以上。

手術は成功だ!

http://santa-studio.com/

|

« どら焼-ことらや | トップページ | 二日連続トンカツ »

コメント

また寄らせていただきます。こちらのサイトにも情報がありますので、よろしければご覧下さい。

投稿: すい臓がんの名医と完治を目指すために | 2008年11月21日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120043/42738093

この記事へのトラックバック一覧です: すい臓がん手術:

« どら焼-ことらや | トップページ | 二日連続トンカツ »