« ロゴス-アウトレットショップ | トップページ | トロッコ列車 嵐山・嵯峨野 »

2007年8月 8日 (水)

映画『アルマゲドン』

Almagedon 宇宙から隕石が地球のあっちこっちを襲う

NASAのダン・トルーマンが調べると小惑星が地球に向かって激突しようとしている。
このままだと人類は滅亡どころか地球も破壊される。

地球の歴史で最大の危機。隕石の激突まで18日。

この緊急事態にトルーマンはすぐさま対策会議をを召集、
惑星の地中240mのところまで掘って核爆弾を爆破させる案が浮上する。

南シナ海の石油掘削施設で掘削中のハリー・S・スタンパー(ブルース・ウイリス)を呼ぶ。

ハリーのグループで短期間に宇宙への飛行訓練を受け小惑星に乗り移り掘削しようと言うのだ。

いよいよスペースシャトルの打ち上げの日がやってきた。

合衆国大統領は全米や全世界に向けて演説をする

この部分がこの演説が好きだなあ!!

『今夜私は大統領としてではなく人類の一員として皆さんに語りかけています。

我々は重大な危機に直面しています。
聖書が記すアルマゲドン、世界の終焉。


しかし人類は史上初めて自らの滅亡を救う技術を持つに至りました。

皆さんに申し上げたい。

この災害を防ぐあらゆる手立てが取られています


人類の飽く事なき向上心・知識欲一歩一歩築かれた科学の進歩。
そして宇宙への果敢な挑戦。


人間の技術と想像力が生み出したもの
戦争でさえ、今回の試練と闘う武器となっています。
混沌たる歴史の中で。人類を苦しめた不正と平和・苦しみと悲しみ。
その中でただひとつのもの。

勇気こそが人類を進化させてきたのです


地球の明日は宇宙に飛び立つこれら勇気ある14人の手中に
世界中の皆さん彼らを見守ってください。

神のご加護と幸運を!』

http://santa-studio.com/

|

« ロゴス-アウトレットショップ | トップページ | トロッコ列車 嵐山・嵯峨野 »

コメント

アルマゲドン、何度も見てしまう映画です。その度に感動してしまいます。

検索していたらこちらに辿りついたので、足跡代わりにコメント残しておきますね('-'*)

でわでわ

投稿: わんこ | 2008年1月24日 (木) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120043/16024245

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『アルマゲドン』:

« ロゴス-アウトレットショップ | トップページ | トロッコ列車 嵐山・嵯峨野 »