« 動画を見る(動画が見れない!) | トップページ | イラストレーターの講座8(合成) »

2007年4月24日 (火)

映画『北の零年』吉永小百合

幕末の頃、吉永小百合(志乃)と多恵(大後寿々花)は

Kitano0nen 稲田家の家臣一同と温暖な淡路島から北海道静内にいる夫(渡辺謙)英明のもとへと向かった。

稲田家の領地を一から作るために。

しかし、木を切り畑を耕して、作物を育てようとするが、真冬の北海道は厳しく、なかなか育たない。

札幌に行って農作物の育て方を学びに行った英明。2週間ほどで帰ると言っていたのだが、半年たっても帰らない。。。。

地元で助けられたのはアイヌのとアシリカ(豊川悦司)モノクテだった。

淡路から一緒に来た多恵の許婚で雄之助も病気になる。病床で、
淡路の花が見たい!』

 持ってきた着物を切り裂き、雪の中の木に吊るす。風に吹かれてなびく。。

『雄之助さま!淡路の花です。淡路の花が咲いています。』

この辺のシーンが好きだなあ!(笑)

柳葉敏郎、石田ゆり子、香川照之、が重要な役をしていたなあ!

最後は村人が政府の役人と対決するのだけど。。。。。

|

« 動画を見る(動画が見れない!) | トップページ | イラストレーターの講座8(合成) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120043/14820302

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『北の零年』吉永小百合:

« 動画を見る(動画が見れない!) | トップページ | イラストレーターの講座8(合成) »