« デジカメ写真フォルダを一気に縮小 | トップページ | 自主制作映画上映会 »

2007年3月 9日 (金)

ライブカメラ設置方法

ホームページをもっているとライブカメラを設置したくなる。
ライブカメラとは生中継みたいなものだがカメラで捉えた画像を送るというもの。
 時差は1分以内で送るのでまあまあ生放送。でも動画ではない。
予算は3000円くらいで(笑)。
予算のあるところは大きな画像とか動画とかも送れるが。。。。
 世界の窓というサイトもある。
http://www.sekainomado.com/
世界中の今が見える。でも日本が昼でもアメリカは夜だから現在もいろいろ(笑)

どういう使い方をすればいいのか?留守にするときに自宅の犬やネコの動きを見る。
野外の景色を写す。現在の富士山(富士山の近所に住んでいる)とか?現在の御堂筋(御堂筋のビルで働いている)とか?
病院の混雑状況(病院の受付から)とか?
 ペット動物病院の入院状況とか?野外のイベントの状態とかいろいろ使える。
まあ、世界にはいろんなライブカメラがあるなあ!

でも、今日は自宅のライブカメラの設置。
必要なもの。ライブカメラ(デジカメではない)。
Live
パソコン。(インターネットの接続しているもの)
これだけ!!

右の写真はノートパソコンの上にカメラを置いている(古すぎて手あかもついている)

大型電気店で3000円ぐらいのもの。

高価なカメラはネットワークカメラとか言って、訪問者が右や左やズームも出来る。(高い)

でも、今回はこれだけ、僕のカメラはそのままパソコンにつないでも認識しない。
のでCDをインストールして認識させる。
この状態はTV電話やチャットにも使うことができる。

パソコンで自分のほうに向けると自分の顔がみえる。
これをホームページ設定して周りを見せる。
Live2
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/hardware/se328054.html

ベクターからダウンロードする。フリーソフトだから無料。

解凍すると上の画像。

Live3_1 ftpオプションをクリックして、サーバーや
ユーザー名やパスワードを入れる。

こんだけでOK!

こちらのアップロードの環境に合わせて、画像の取り込み状態のタイムを入れる。

これで、何秒間隔で画像がホームページにUPされる。

ホームページのhtmlファイルに画像のファイルを挿入する。

でもこれだけでは自動でホームページが読み込まない。
更新ボタンを押さないと。ほって置くといつまでも画面がかわらない。

プロ野球の試合みたいにhtmlの再読み込みを設定しないと。。
<meta http-equiv="refresh" content="40">

htmlでライブカメラのページに上記のmetaを書き込む。これは40秒で再読み込みする。と言う意味です。


これは完成画像です。
http://santa-studio.com/camera/index.html

|

« デジカメ写真フォルダを一気に縮小 | トップページ | 自主制作映画上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120043/14199576

この記事へのトラックバック一覧です: ライブカメラ設置方法:

« デジカメ写真フォルダを一気に縮小 | トップページ | 自主制作映画上映会 »